このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年2月 創業者

若林祐希

代表取締役
1986年9月生まれ、北海道札幌市出身。
大学を中退し飲食チェーン、リフォーム会社、外資系ベンチャー・リクルート・経営コンサルティング会社などの様々な職種を経験。
2017年2月に Exrail(エクスレール)を創業。
代表取締役/若林祐希

「自分に自信がなかった」から「会社設立」を決意

19歳の時、「20歳で起業する!俺なら絶対成功できる!」と考えていたものの、お金が足りないと25歳に延期。
25歳の時、「まだまだ会社員として勉強したい」と30歳に延期。
30歳の時、何も準備をしておらず、宣言したことをやらずに逃げていた自分に気づき、自信を失っていました。

尊敬する先輩の退職をきっかけに、自分の今後を考えることに。
「このままいけば40歳、50歳になった時にまた同じことを言うだろう、そして一生自分を誇らしく思えないだろう」と思って退職を決意。
転職はせずに1人でやっていく決意を固め、退職から5ヶ月後に会社を設立。

ビジネスが決まっていなかったので不安もあり、自信もなかったところから始まりました。

5conceptの考えで会社も自分も成長していきたい

私の業務は、自社サービスのコンサルタント・セールス(営業)・経営企画・経理総務・人事など会社経営全ての業務をやっています。

メイン業務のセールス(営業)は例えば交流会に参加したり、
お知り合いの会社から紹介を頂いたりしながら、
弊社のサービスに興味関心を持ち紹介したいと思っていただける会社様を、
日々探して、事業提携を結ぶことを行います。

私達は「GIVE&GIVE」という言葉を大切にしていますので(詳しくは弊社HPへ)
ご紹介を頂く前に、提携先のお仕事をお手伝いする事も多々あります。

それよりも、今のクライアント様が弊社のサービスにご満足を頂くことが最重要です。
今のクライアント様のプロジェクトがもっと上手くいく為の戦略会議は毎週行い、
「PDCFDA」サイクルを回しております。
そうしてお客様に満足のいく結果をお届け出来ましたら、
新しい会社様をご紹介いただける可能性が最大化します。

テレアポ・飛び込み・広告などは一切やらずに、
地道ですが信頼関係を大切にしながらご縁を広げていってます。

今では多くのお客様、パートナー企業様に恵まれ、
第2期の売上は昨年の倍以上の成長を見込んでおり引き合いも頂いております

ただ、これはまだ序章。
創業してから5年での企業の生存率は20%と言われています。

私のミッションは、
□新メンバーを迎え、メンバーがクライアント様・会社の中でなくてはならない存在に成長して頂く事
□儲かる儲からないも大事ですが「Make Excite」を常に考えの中心におき、
新しい事業にも積極的に参入し会社を成長させること
□オフィス移転し、誰もが働きやすい環境を作ること
□2021年迄に売上5億円、2026年迄に売上50億円を達成する事

です。
【Exrailの5concept】
Make Excite
私達は「お客様がExciteするのはどちら?」を思考や行動の最重要軸とし選択します。

Over the Top
私達は私達に限界を作らず、常に高みに挑戦します。

Give & Give
私達は「お客様のメリットは何か?」を常に思考し常に貢献する存在でいます。

High Speed 「PDCFDA」
私達は毎週毎日の行動を振り返り共有し、全員で明日への行動の違いを作り進化します。

Focus on preparation
私達は顧客や私達がなれる最高の状態になる為の準備に徹底的にこだわります。

関わる人に対しての「感謝」を忘れない

創業時は入金を頂けるかどうかわからず、
ただお金は徐々に無くなっていきとにかく不安でした。
そんな中、私達の会社に初めての入金があったのは創業してから3ヶ月後です。
その時の感動と「感謝」は今でも忘れません。

多くの企業の経営者様にお会いお話をさせて頂く機会を通して、会社と自分達の名前が浸透していき、
クライアント様は弊社の事を信頼されたら、
様々な相談を持ちかけて来てくださります。
本当に感謝が絶えないですし、人から必要とされる存在になる事は大きなやりがいになると思います。

創業メンバーにはこの気持ちを共有し、
同じ気持ちで目の前の関わる方々に向き合って、もっともっと価値のある会社にしたいです。

成長期の今、皆と一緒にExrailを作っていきたい。

立ち上げから1年半。
目の前のお客様やパートナー企業に向き合う事、会社の売上を作ることに必死で進んできました。

その為、当社は会社としての’’決まり’’が殆んどありません。
それは不安に捉えられるかもしれませんが、良く捉えるとこれから全てを一緒に作っていくことができます。

2~3年後に会社がどのように変化しているか、いい意味で私たちはわかりません。
現在も創業時には想像できなかったことが次々と起きています。

事業が増えるかもしれない、会社が増えるかもしれない、
拠点も増えているかもしれない、新しい制度を作る、など…どんどん変化していきます。

それを作っていくのは、これから一緒に働いてくれるメンバーだと思っています。
ですので求めるレベルはかなり高いですが、その分挑戦したい方にはやりがいと大きな成長を得ていただけます。

創業メンバーとして一緒に、誰もが羨ましがるような良い会社を作っていきたいですね。

「どこで働くか?」ではなく「誰と働くか?」

私が大切にしている言葉の一つです。

私が大手に勤めていた時に「仲良くしていた」と思っていたお客様と、私が転職をした後にお会いしました。
会社のブランドが外れた瞬間に態度が変わり、結局その後はお会いできない存在になってしまいました。
「私をよく思ってくれていたのではなく、商品をよく思っていたのだな」ということに気づきました。

この経験から「どんな会社に行ったとしても、あなたという存在に惹かれて付き合ってくれるお客様が増えてほしい」とメンバーへは心から願っています。

その為には「誰から学ぶか?」が非常に重要だと私は思います。

このような小さい会社がお客様のご信頼をいただき成長するには「人」が全てです。
「サービス」ではありません。私たちとともに本物のビジネスマンに成長して欲しいと思っています。
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

ビジネスコンサルタントに関連する求人票を見る